1. ホーム >
  2. 発明協会の表彰事業 >
  3. 全国発明表彰 >
  4. 受賞者の発表 >
  5. 受賞発明・意匠概要

発明協会の表彰事業

平成27年度全国発明表彰 受賞発明・意匠概要(敬称略)
第一表彰区分一覧へ第二表彰区分一覧へ

日本経済団体連合会会長発明賞
CMOSセンサのシェーディング低減技術の発明(特許第3467013号)
小泉  徹
キヤノン株式会社 デバイス開発本部 半導体デバイス製品開発センター 部長
光地 哲伸
キヤノン株式会社 デバイス開発本部 半導体デバイス製品開発センター 室長
米田 智也
元 キヤノン株式会社
須川 成利
元 キヤノン株式会社

発明実施功績賞
御手洗 冨士夫
キヤノン株式会社 代表取締役会長兼社長 CEO

 本発明は、デジタルカメラのキーデバイスであるCMOSセンサに関する発明であり、ノイズ電荷排出部(コンタクト)を画素に設けたことを特徴にしている(図1)。
 大面積の撮像面をもつCMOSセンサの開発に取り組んだところ、小さな撮像面では生じなかった画像のシェーディングを発見した(図2左側)。
 CMOSセンサは画素回路を有しており、画素回路の動作に伴い余剰電荷が生じ、これがノイズ電荷となる。このノイズ電荷がCMOSセンサの撮像面の中心に残留(図1上図)すると、画像のシェーディングとして現れる(図2左側)。
 本発明は、CMOSセンサの画素にノイズ電荷排出部を設けることで、ノイズ電荷を高速で排出(図1下図)させ、画像のシェーディングを抑制することに成功した(図2右図)。本発明により、2000年に、世界で初めて、CMOSセンサ搭載のデジタル一眼レフカメラを実現できた。
 本発明が適用されたCMOSセンサは、映画撮影用やテレビ番組撮影用、歴史的芸術作品の撮影用のカメラにも応用が広がり、今後、超新星爆発の瞬間の撮影など科学技術分野への応用も期待されている。

図1 図2


前へ / 次へ

表彰事業に関するお問合せ先

公益社団法人発明協会 発明奨励グループ
〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-9-14
Tel:03-3502-5431/E-Mail:shourei@jiii.or.jp