1. ホーム >
  2. 発明協会の表彰事業 >
  3. 全国発明表彰 >
  4. 受賞者の発表 >
  5. 受賞発明・意匠概要

発明協会の表彰事業

平成27年度全国発明表彰 受賞発明・意匠概要(敬称略)
第一表彰区分一覧へ第二表彰区分一覧へ

日本弁理士会会長賞
自然な睡眠をもたらす次世代睡眠薬の発明(特許第2884153号)
大川 滋紀
日本たばこ産業株式会社 医薬事業部 執行役員 医薬総合研究所 所長
(元 武田薬品工業株式会社)
内川  治
武田薬品工業株式会社 医薬研究本部 化学研究所長
深津 考司
武田薬品工業株式会社 日本ワクチン事業部 主席部員
宮本 政臣
生化学工業株式会社 常務取締役 研究開発本部長(元 武田薬品工業株式会社)

発明実施功績賞
クリストフ ウェバー
武田薬品工業株式会社 代表取締役社長 CEO

 人生の1/3~1/4もの時間を占める睡眠は、健全な日々を送るうえで必要不可欠なものである。睡眠覚醒リズムは、脳の松果体から分泌されるメラトニンによって調節されているが、加齢や、現代社会に蔓延する夜間の光刺激がメラトニンの分泌量を減少させ、人々の健やかな睡眠を妨げている。
 本発明は、メラトニンよりも高い受容体親和性や良好な薬物動態を有し、自然に近い生理的睡眠を誘導、維持する睡眠薬「ラメルテオン」に関するものである。
 現在主に用いられている睡眠薬はGABAA受容体に作用する鎮静型睡眠薬であるが、本薬剤は既存薬とは異なる新しい作用機序を持つメラトニン受容体作動薬であり、不眠症治療薬としては米国司法省麻薬取締局が初めて認めたノンスケジュールド・ドラッグ(薬物乱用や薬物依存症を引き起こす可能性がない薬剤)である。
 充実した人生を送るための健やかな睡眠の重要性が認知され、本薬剤が不眠で苦しんでおられる患者さんのお役に立てることを願ってやまない。

図1 ラメルテオン(ロゼレム)の構造式 図2 不眠の原因

前へ / 次へ

表彰事業に関するお問合せ先

公益社団法人発明協会 発明奨励グループ
〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-9-14
Tel:03-3502-5431/E-Mail:shourei@jiii.or.jp