1. ホーム >
  2. 発明協会の表彰事業 >
  3. 全国発明表彰 >
  4. 受賞者の発表 >
  5. 受賞技術概要

発明協会の表彰事業

平成24年度全国発明表彰 受賞技術概要
第一表彰区分一覧へ第二表彰区分一覧へ

日本経済団体連合会会長発明賞
溶接鋼構造物の疲労寿命を延伸する鋼板の発明(特許第4363321号)
誉田 登
住友金属工業株式会社 総合技術研究所 厚板条鋼研究開発部 主任研究員
藤原 知哉
住友金属工業株式会社 総合技術研究所 厚板条鋼研究開発部
厚板グループ グループ長
瀬田 一郎
住友金属テクノロジー株式会社 鹿島事業部 技術部 担当部長
有持 和茂
住友金属工業株式会社 総合技術研究所 厚板条鋼研究開発部
シニア コンサルタント

発明実施功績賞
友野 宏
住友金属工業株式会社 代表取締役社長

 溶接鋼構造物に繰返し荷重が負荷されると、疲労損傷が発生し、最悪の場合には人命が危険に曝される。溶接部の疲労損傷は、鋼材では改善できない、と従来から信じられてきた。一方で、設計や施工による他の改善法は、既に効果が飽和していた。鋼材による改善には、産業界から長年に渡り強い開発ニーズがあった。
 本開発では、最新製造プロセスによって、母材の疲労き裂進展抵抗性を高め、速度を従来鋼の1/2に安定して抑制した。ただし、強度・靱性・溶接性などは従来鋼と同等以上に維持している。次に、母材特性を維持しつつ、鋼材化学成分の最適化等により、溶接部における疲労強度の向上も達成した。
 継手疲労特性を鋼材で初めて改善できた結果、溶接鋼構造物の疲労設計そのものを変えることができ、寿命延伸と軽量化とを同時に達成することが可能となった。使用鋼材を従来鋼から発明鋼に置換えることのみによって、地球環境保全、安全・安心な社会基盤維持に寄与できる。


図1 き裂発生抑制メカニズム 図2 き裂進展抑制メカニズム


前へ / 次へ

表彰事業に関するお問合せ先

公益社団法人発明協会 発明奨励グループ
〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-9-14
Tel:03-3502-5431/E-Mail:shourei@jiii.or.jp