1. ホーム >
  2. 発明協会の表彰事業 >
  3. 全国発明表彰 >
  4. 受賞者の発表 >
  5. 受賞技術概要

発明協会の表彰事業

平成24年度全国発明表彰 受賞技術概要
第一表彰区分一覧へ第二表彰区分一覧へ

内閣総理大臣発明賞
垂直磁気記録媒体の発明(特許第4222965号)
棚橋 究
株式会社HGSTジャパン 日本研究所 メディア研究部 部長
本田 好範
株式会社HGSTジャパン 日本研究所 メディア研究部
薄膜プロセス研究グループ 主任研究員
児玉 峰章
株式会社HGSTジャパン ヘッド開発本部
スライダ開発・製造部 スライダプロセスG 技師
荒井 礼子
元 株式会社日立製作所 中央研究所 主任研究員

発明実施功績賞
堀家 正充
株式会社HGSTジャパン 取締役社長

 垂直記録方式を用いたハードディスク装置(HDD)の実用化には、従来とは構造の異なる磁気ヘッドや媒体の開発が必要であり、それに付随して信頼性確保が大きな課題となった。とりわけ媒体においては、新たに導入された軟磁性下地層(SUL)に起因して、外部磁界耐性、ヘッド浮上性および媒体の耐食性の課題が発生した。これらの課題を克服するため、本発明では、基板からの影響を軽減することを試み、ガラス基板上に、非晶質密着層を介して反強磁性結合(AFC)-SULを形成することを考案した。本発明は、AFC-SUL内の膜応力を低減し、外部磁界耐性を改善するだけでなく、媒体の膜平坦化によるヘッド浮上性向上、更には耐食性改善と、多岐に渡る効果をもたらした。この非晶質密着層とAFC-SULの組合せは、垂直第一世代から現行の製品に至るまで継続的に使われ、垂直HDDの高性能化を信頼性の観点から支えており、今後も使われ続ける基本技術となっている。


図1 本発明の狙い:基板からの影響を低減 図2 本発明の効果:外部磁界耐性


前へ / 次へ

表彰事業に関するお問合せ先

公益社団法人発明協会 発明奨励グループ
〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-9-14
Tel:03-3502-5431/E-Mail:shourei@jiii.or.jp