平成29年度地方発明表彰 受賞一覧 >>平成29年度東北地方発明表彰受賞者一覧 >>文部科学大臣賞

【平成29年度東北地方発明表彰】

文部科学大臣賞
氏名: 大場 義浩
会社名: 株式会社リコー
部署・役職: 研究開発本部 リコー未来技術研究所
スペシャリスト
意匠の名称: 用紙特性センサ及び高画質プリンタ
  特許第5850390号【受賞発明の内容】
大場 義浩様
発明のポイントをお教えください
 本発明は用紙の銘柄を精度よく識別するための技術です。用紙はセルロース繊維と種類や粒子径の異なる填料等で構成されており、実は非常に複雑な積層構造体です。そこで、光が用紙の微細構造で多重に散乱する過程で変化する特性に着目し、この特性を識別基準に使える様に光学系を工夫して、他の特性と多面的に識別することで精度向上を可能にしました。本発明は用紙に応じた印刷設定を容易にし、多様な用紙をお使いになるお客様の作業効率向上につながります。
苦労した点はどこでしょうか
 用紙銘柄を識別するというコンセプトの製品自体、世の中にはなく、このセンサの開発は弊社にとっても初めての取り組みでした。
 まず、世にある様々な銘柄を入手する必要があり、社内外、多くの方々のご協力が必要でした。そして「紙は生き物」と言われるように、湿度等の環境の違いでも紙質は変わってきます。精度向上に適した特性を探し出すためには、膨大な数の評価が必要でした。それらは苦労した点ではありますが、その積み重ねがこの技術の発明につながったのだと思います。
受賞のご感想をお願いします
 この度は名誉ある文部科学大臣賞に選出していただき、誠にありがとうございます。印刷物の多品種・短納期・小ロット化の新しい印刷需要に答えるべく苦慮した本発明が、今回の評価をいただき大変光栄に思っております。
 これからも印刷における使いやすさを考え抜き、お客さまの業務効率向上に貢献するべく努力を重ねるとともに、さらには他の分野、例えばセキュリティ用途での活用を検討する等、異なる側面での社会貢献にもつながるよう精進していきたいと考えております。

Copyrightc1996- Japan Institute of Invention and Innovation All rights reserved