平成29年度地方発明表彰 受賞一覧 >>平成29年度近畿地方発明表彰受賞者一覧 >> 文部科学大臣賞

平成29年度近畿地方発明表彰

文部科学大臣賞

水分共存影響補正機能付き赤外線ガス分析装置(特許第3771849号)

【京都発明協会】

足立 正之

株式会社堀場製作所 専務取締役

中村 博司

HORIBA Europe GmbH 社長

実 施 功 績 賞

堀場 厚

株式会社堀場製作所 代表取締役会長兼社長


 本発明は、排ガスに含まれる水分の影響を受けて正確な測定が困難であった、排ガス中の測定対象成分の濃度を精度良く測定すると共に、シンプルな構成で小型・省電力化が可能な排ガス分析装置に関する発明である。
 本発明の排ガス分析装置は、自動車から排出される排ガスを加熱し、水分を含んだ状態で排ガス中の測定対象成分の濃度を測定する(S1a, S2a)と共に、排ガス中の水分の濃度を測定する(S1b, S2b)。そして、水分の測定濃度に基いて、測定対象成分の吸収スペクトルに対する水分干渉影響、及び分子間相互作用による水分共存影響を測定対象成分の濃度に対して補正する(S3, S4)。これにより、水分を含んだ状態における排ガス中の測定対象成分の濃度を精度良く得られる(S5)。
 本発明により、排ガス中の水分影響を抑えつつ、水分除去のための除湿機構を排除することで、シンプルな構成で小型・省電力化が可能となり、自動車を路上走行させた状態において、排ガスを連続的に測定する車載型の排ガス分析装置が実現できる。


水分共存影響補正機能付き赤外線ガス分析装置

装置外観

水分共存影響補正機能付き赤外線ガス分析装置

測定フロー

Copyrightc1996- Japan Institute of Invention and Innovation All rights reserved