平成24年度地方発明表彰 受賞一覧 >>平成24年度九州地方発明表彰受賞者一覧 >>中小企業庁長官奨励賞

【平成24年度九州地方発明表彰】

中小企業庁長官奨励賞
氏名: 勝山 豊
会社名: 株式会社勝山ロープ
役職: 代表取締役社長
発明の名称: 手編み玉掛索の製作法及び手編み玉掛索
  特許第4313330号【受賞発明の内容】
勝山 豊様
発明の概略についてお教えください
従来の手網み玉掛けワイヤは約150年前、薩英戦争後イギリスより導入され加工したもので現在も”薩摩差し”の愛称で呼ばれ、使用されておりますが、トゲの切断面はカミソリの刃と針先のように鋭利で使用時にケガが絶えず非常に危険でした。
当時、不可能とされていたトゲを表面に出さない加工方法を加工業者の一員として安全性に問題がある従来品ではユーザーのワイヤロープ離れが加速し将来性が無いとの思いで開発に着手し、
(1)究極の安心、安全性
(2)作業性の向上
(3)ワークにキズが付きにくい
(4)抜け落ちがない為製品寿命が長い
等の特色を持つ製品が完成しました。
苦労した点はどこでしょうか
玉掛けワイヤの加工方法にはクレーン等安全規則219条、労働安全衛生規則475条の法律に則った条件下でのトゲ無しの新加工方法を完成するのが一番困難でした。
28年間の試行錯誤の末、線の麻芯の空間に6本のストランドを入れ込み、その上部を段落しした後のストランドで特殊籠差しで被せ編みし、その工程を複数回テーパー状に加工する事により表面に全くトゲが出ない加工方法を確立することができました。
受賞のご感想をお願いします
長崎県の海外特許助成金、機械化のための助成金、九州経済産業局の機械化助成金のお陰で量産化が出来たことに感謝すると共に、全国の顧客の方々のご愛顧を心より感謝申し上げます。
リピートユーザーの方々から”今まではケガを心配し、ビクビクしながら使っていたが安心していい”との慶びのお声を聞くたびに開発してよかったと思います。
韓国、中華人民共和国での特許も取得でき、”長崎差しトゲ無し玉掛けワイヤ”として発売予定です。
最後に、この度は貴協会より身に余る”賞”を頂きまして光栄に存じます。
誠に有難うございました。

Copyrightc1996- Japan Institute of Invention and Innovation All rights reserved