平成24年度地方発明表彰 受賞一覧 >>平成24年度九州地方発明表彰受賞者一覧 >> 中小企業庁長官奨励賞

平成24年度九州地方発明表彰

中小企業庁長官奨励賞

手編み玉掛索の製作法及び手編み玉掛索(特許第4313330号)

【長崎県発明協会】

勝山 豊

【受賞者の声】

株式会社勝山ロープ 代表取締役社長

実 施 功 績 賞

勝山 理恵

株式会社STAS 代表取締役社長


創案された発明は、手編み玉掛索の本線の表面にトゲと呼ばれるワイヤ素線の切断端面として露出しな加工技術で、ストランドの内、外層線の切断端面がワイヤロープ表面に全く出ない製造方法を確立した。
従来の手編み玉掛索はストランド切断面はロープ本線上に、12箇所のトゲが分散露出し、その切断端面はカミソリの刃や針先のように鋭利で非常に危険な製品であった。
弊社は試行錯誤の末、ワイヤ本線の麻芯を抜いた空間に6本のストランドを入れ込みその上部を特殊籠差しで被せ編み込みを複数回繰り返しテーパー状に加工しトゲが全く外部に出ない究極の安心、安全な製品の製作技術を確立した。
従来品に比べ(1)作業性の向上(2)ワークにキズが付きにくい(3)抜け落ちが無く製品寿命が長い。クレーン等安全規則219条適合品で関連特許として韓国特許10−1005170号並びに中華人民共和国特許967702号、併せてラベル取り付け方法に関する国内追加特許も取得。

●トゲ無し玉掛けワイヤ

●トゲ無し玉掛けワイヤ

●従来の手編み玉掛けワイヤ

●従来の手編み玉掛けワイヤ

Copyrightc1996- Japan Institute of Invention and Innovation All rights reserved