令和元年度地方発明表彰 受賞一覧 >>令和元年度近畿地方発明表彰受賞者一覧 >> 日本弁理士会会長賞

令和元年度近畿地方発明表彰

日本弁理士会会長賞

乗用車用レバーレス型タイヤ着脱装置(特許第5026477号)

【福井県発明協会】

三村 義雄

小野谷機工株式会社 社主

実 施 功 績 賞

三村 健二

小野谷機工株式会社 代表取締役社長


 本発明は、剛性の高いタイヤビード取外作業を容易にし、かつ熟練した作業者でなくとも安全・確実に行う事のできる装置の提供を目的とし、作業者の軽労化・効率化を図るものである。
 本発明のタイヤビード取外方法は、乗用車用タイヤ交換機に従来ないツールをガイドポストに沿ってシリンダ動作で降下させ、該ツール外溝にビードを係合させる。この状態でツールを上昇させ該ツール内溝にホイル耳部を係合させホイル回転を行えばビード全体がホイルから外れる。この際ツール内溝をホイル耳部に係合させる事でツール位置決めが行われるが、ホイルが回転しビードの大部分がホイルから外されれば、タイヤビードを押し下げる力が小さくなり、シリンダがツールを上昇させる力が勝り、ツールがホイル耳部から外れてしまう。しかし、本発明はシリンダのエア圧を抜く事でツールが耳部から外れる事なくビードを安全に外す事ができ、レバーレス化となる。
 本発明により、従来のレバー使用でタイヤ爪にビードを係合させる必要がなく、ツールが降下しかつその向きを変える事で、ビードは外溝に必然的に係合ができるため、熟練の作業者でなくとも容易に作業する事が可能となった。さらにツール昇降動作とホイル回転だけで、ホイル及びビードを傷付ける事なく容易にタイヤビードが外され、作業者の軽労化・効率化および作業の確実性・安全性が大幅に向上した。


乗用車用レバーレス型タイヤ着脱装置
乗用車用レバーレス型タイヤ着脱装置

Copyrightc1996- Japan Institute of Invention and Innovation All rights reserved