平成30年度地方発明表彰 受賞一覧 >>平成30年度関東地方発明表彰受賞者一覧 >> 文部科学大臣賞

平成30年度関東地方発明表彰

文部科学大臣賞

船舶の安全性を高めた溶接構造体(特許第5395985号)

【千葉県発明協会】

半田 恒久

JFEスチール株式会社 スチール研究所
接合・強度研究部 主任研究員

伊木 聡

JFEスチール株式会社 スチール研究所
鋼材研究部 部長

豊田 昌信

ジャパン マリンユナイテッド株式会社 商船事業本部
海上物流イノベーション推進部 主幹

木治 昇

ジャパン マリンユナイテッド株式会社 技術研究所
生産技術研究グループ 主幹

猪瀬 幸太郎

株式会社IHI 技術開発本部 生産技術センター
溶接技術部 溶接応用グループ 部長

武田 尚

ジャパン マリンユナイテッド株式会社 設計本部
海洋・エンジニアリング設計部 主査

潮海 弘資

JFEテクノリサーチ株式会社 営業本部
営業企画部 営業技監

遠藤 茂

JFEテクノリサーチ株式会社
機能材料ソリューション本部 本部長

実 施 功 績 賞

柿木 厚司

JFEスチール株式会社 代表取締役社長

千葉 光太郎

ジャパン マリンユナイテッド株式会社 代表取締役社長


 本発明は、溶接部等で発生したぜい性き裂(※1)を止める能力に優れる溶接構造体であり、溶接材料、施工および設計を組み合わせることでき裂を止めて、船体の安全を確保する技術である。(※1:欠陥等から発生し、高速伝播するき裂)
 ぜい性き裂が突入する部位を非溶着部を有するすみ肉溶接構造とし、ぜい性き裂が停止するように溶接脚長を調整して溶接金属部へのき裂突入幅を抑制し、且つ鋼板板厚に応じてすみ肉溶接金属のじん性を調整することにより、溶接部から発生・伝播してきたぜい性き裂を、コストが高くなる高アレスト鋼板(※2)を適用することなく、すみ肉溶接金属部で停止させることができる。(※2:ぜい性き裂を止める能力であるアレスト性能が非常に高い鋼板)
 本発明により、従来よりも厚く、より高強度な鋼板をコンテナ船に使用可能とし、船体上部を強くできることにより船全体の軽量化が可能になり、燃費の向上が可能となる。溶接性に特化した高強度鋼板の適用も可能となり、高能率溶接により建造コストの削減にも貢献している。


船舶の安全性を高めた溶接構造体

一般技術と本発明の比較

船舶の安全性を高めた溶接構造体

ぜい性き裂をアレスト(停止)させる技術

Copyrightc1996- Japan Institute of Invention and Innovation All rights reserved