平成30年度地方発明表彰 受賞一覧 >>平成30年度中部地方発明表彰受賞者一覧 >> 特許庁長官賞

平成30年度中部地方発明表彰

特許庁長官賞

フィルムコンデンサ(特許第6074667号)

[富山県発明協会]

竹岡 宏樹

パナソニック株式会社
オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社
デバイスソリューション事業部 課長

久保田 浩

日産自動車株式会社 総合研究所 先端材料研究所

大地 幸和

パナソニック株式会社
オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社
エナジー要素開発センター 主幹

藤井 浩

パナソニック株式会社
オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社
デバイスソリューション事業部 主幹

島崎 幸博

パナソニック株式会社
オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社
技術本部

実 施 功 績 賞

足立 和泰

パナソニックIPマネジメント株式会社 代表取締役社長


 本発明は、各種電子機器、電気機器、産業機器、自動車等に使用され、特に電気自動車のモータ駆動用インバータ回路の平滑用、フィルタ用、スナバ用等に最適なフィルムコンデンサ及びこれを用いたケースモールド型コンデンサに関するものである。
 高い耐湿性能が要求される電気自動車用途に対応するため、金属蒸着電極として従来のアルミニウムに替え、本発明では耐湿性に優れたアルミニウムとマグネシウムの合金を採用した。これにより、本発明のフィルムコンデンサは、モールド樹脂を増やすことなく優れた耐湿性能と漏れ電流特性を有し、高耐電圧で低損失の電気特性を実現し、高寿命化、小型軽量化、低コスト化にも貢献することができた。
 本発明のフィルムコンデンサは、あらゆる電気機器に使用され、優れた特性を発揮し得る。特に高電圧で使用される電気自動車に適しており、今後、電気自動車の普及により排気ガス、二酸化炭素の排出を無くし、環境保全に貢献し得る。


電子自動車のモータ駆動システム
フィルムコンデンサ素子の内部構造

Copyrightc1996- Japan Institute of Invention and Innovation All rights reserved