平成29年度地方発明表彰 受賞一覧 >>平成29年度九州地方発明表彰受賞者一覧 >> 文部科学大臣賞

平成29年度九州地方発明表彰

文部科学大臣賞

スリットパターン導電膜を有する実装部品(特許第3853822号)

[熊本県発明協会]

山田 浩嗣

三菱電機株式会社 液晶事業統括部 生産計画部 専任

実 施 功 績 賞

柵山 正樹

三菱電機株式会社 執行役社長


 本発明は、主に液晶表示パネルの端子部の実装部品に関し、TCP(Tape Carrier Package)とプリント回路配線基板(PWB:Printed Wiring Board)との確実な接続を可能とするために、PWB上の配線端子ブロック間の導電層パターンにスリットを設けたものである。
 本発明では、可撓性基板上にドライバLSIを搭載したTCPを異方性導電膜(ACF:Anisotropic Conductive Film)を介してPWBと接続する際の仮止め工程において、配線端子ブロック間に位置する導電層に複数のスリットを設けたPWBを用いている。この構造により導電層を介した放熱作用が緩和されるため、仮止め工程の際にACF中の接着剤が熱硬化するのに必要な温度を維持することができ、引き続いて行う本圧着工程における確実な接続が可能となる。
 本発明により、静電シールドを維持しつつ実装部品の接続を確実に行え、信頼性・生産性に寄与できる。さらに、PWB上の導電層パターンを配線端子と同じ金属材料で形成すると金属めっき工程を不要とでき、コストの削減も可能となる。

スリットパターン導電膜を有する実装部品
スリットパターン導電膜を有する実装部品

Copyrightc1996- Japan Institute of Invention and Innovation All rights reserved