中小企業庁長官奨励賞:無電源サージカウンタ(特許第5499269号)

平成27年度地方発明表彰 受賞一覧 >>平成27年度近畿地方発明表彰受賞者一覧 >> 中小企業庁長官奨励賞

平成27年度近畿地方発明表彰

中小企業庁長官奨励賞

無電源サージカウンタ(特許第5499269号)

【大阪発明協会】

廣岡 征紀

音羽電機工業株式会社 技術部 課長

門脇 大敬

音羽電機工業株式会社 技術部 技師

実 施 功 績 賞

吉田 修

音羽電機工業株式会社 取締役社長


 本発明は、落雷が起こった時に発生する雷サージ電流の流入出回数を計数するカウンタに関する技術である。
 いつ起こるかわからない現象の記録を長期に亘り行う場合、記録計への無停電電源をどうするかが大きな問題となる。乾電池利用が最も簡単ではあるが、電池交換の保守作業を必要とするので、簡便な方法でもない。記録したい現象が雷サージの流入出回数で、無電源で長期間に亘り回数情報を保持させるためには、機械的構造のカウンタが有効で、落雷で停電になっても回数は保持できる。ただ、雷サージは電流の流れる時間がμ秒単位の極めて瞬間的な現象であるので、そのままではカウンタを駆動できない。本発明では、電子回路を付加し、その電子回路の各部品の種類やその定数を最適設計し、瞬間的な雷サージでカウンタを駆動させるようにさせた。
 その結果、電源を必要とせず、どこでも簡単に、極めて長期間に亘り、雷サージの流入出回数を停電が起こっても記録・保持させることができるようになった。


無電源サージカウンタ

無電源サージカウンタの外観

無電源サージカウンタ

無電源サージカウンタ取付例

Copyrightc1996- Japan Institute of Invention and Innovation All rights reserved