平成26年度地方発明表彰 受賞一覧 >>平成26年度近畿地方発明表彰受賞者一覧 >> 発明協会会長奨励賞

平成26年度近畿地方発明表彰

発明協会会長奨励賞

多機能水路マス(意匠登録第1451984号)

【奈良県発明協会】

草竹 晃司

草竹コンクリート工業株式会社 代表取締役社長



本意匠は、道路・宅地・広場などの雨水を排水するプレキャストコンクリート製(工場製品)の多機能水路マスに関し、従来の現場打ちコンクリート製のマス(現地製作)が抱えていた、品質低下・コスト高・工期遅延といった諸問題を解決するものである。
本多機能マス(1)は、上面と底面中央に開口部(3)(4)を設けた中空のほぼ立方枠体状で、上面の開口部(3)には開閉自在な格子蓋(5)がある。この格子蓋(5)につながる上面(2)を、多数の傾斜面(2a)で形成して上面(2)に多方向から集まる雨水を格子蓋(5)に導く流水面とした。また、マス(1)の一側壁に連通穴(6)を設け(上面V形で内部に排水孔がある側溝ブロック(10)を接続)、残る三側壁(上面V形の板状の側溝ブロック(10)を接続)の内の二側壁に薄壁(7)(打抜けば上記連通穴(6)になる)を設けた構成である。
従って、上面(流水面)と各側壁が、側溝ブロックと平面視で−形・T形・+形・L形、または直列の任意、かつ種々な側溝ブロックに接続可能とし、更に、下部ブロックも使用できて、美感・品質及び排水性向上・作業簡素化・工期短縮・コスト縮減などの実施効果がある。


多機能水路マス
多機能水路マス

Copyrightc1996- Japan Institute of Invention and Innovation All rights reserved