平成25年度地方発明表彰 受賞一覧 >>平成25年度近畿地方発明表彰受賞者一覧 >> 発明協会会長奨励賞

平成25年度近畿地方発明表彰

発明協会会長奨励賞

給油所用ガソリンベーパ回収装置(特許第4671772号)

【兵庫県発明協会】

谷村 泰宏

三菱電機株式会社 先端技術総合研究所 環境システム技術部 部長

葛本 昌樹

 (※葛の下部分はヒ)
三菱電機株式会社 先端技術総合研究所 パワーエレクトロニクス技術部門 部門長

倉橋 正人

三菱電機株式会社 三田製作所 カーエレクトロニクス製造部 設計第一課

杉本 猛

三菱電機株式会社 冷熱システム製作所 産業冷熱製造第一部 主席技師長

森本 裕之

三菱電機株式会社 冷熱システム製作所 空調機製造部 空調機技術第一課

関野 知

三菱電機エンジニアリング株式会社 和歌山事業所 システム技術部 SE第一課 課長代理

本橋 俊明

株式会社タツノ 顧問

関谷 勝彦

株式会社タツノ 研究開発部 次長

実 施 功 績 賞

山西 健一郎

三菱電機株式会社 執行役社長

龍野 廣道

株式会社タツノ 代表取締役社長


本発明は、加圧冷却凝縮と吸着濃縮を組み合わせた方式を用いることにより、一般的な給油所に設置可能で、給油を行なう際に大気中に放出されるガソリンベーパ(蒸気)を高効率に液化回収できる装置に関するものである。
給油時に放出されるガソリンベーパは大気汚染物質の一つであり、約30年前から回収技術の必要性が指摘されていたが、使用者の安全や設置スペースの確保などの理由で実現できず、給油所で使用できる小型で高効率な回収装置が待望されていた。これを解決するため、本発明では、吸引したガソリンベーパを加圧ポンプおよび凝縮器で圧縮・冷却する工程と、液化できなかったガソリンベーパを吸着剤により吸着する工程をシーケンシャルに動作させて、効率的に液化回収できるようにした。
本発明により、給油時に放出されるガソリンベーパの90%以上を回収可能な小型のガソリンベーパ回収装置を実現した。今後、本装置が国内給油所全体の60%(潟^ツノ製給油機と同等の普及率)に普及し、95%の回収率を想定すると、年間5.1万tonの揮発性有機化合物の排出削減が可能となり、地球環境保全に大きく貢献するものと期待される。

給油所用ガソリンベーパ回収装置  

図1 ガソリンベーパ回収装置

給油所用ガソリンベーパ回収装置

図2 本発明の効果

Copyrightc1996- Japan Institute of Invention and Innovation All rights reserved